続・読書

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

最近はこれを読んでます。
まあ読み終えてもたぶん感想記事(?)は書かないと思うが。

旭屋に聖なる黒夜が売ってないのは本当に残念です。

ブルーマンデー

・・とは言うけれど、自分的には、ブルーマンデーのほかに、ブルーフライデーなる病気(?)にもかかってるのかもしれません。
月曜日には「ああ、イヤだな週末があっさり終わってしまい、また忙しい日々が始まってしまう」という定番の心の声で始まり、金曜日には「のんびり週末を過ごしたい自分」と「生産性のないことに明け暮れ、ただぼんやりして堕ちていく自分」との矛盾に対して生じた苛立ちで終わる。
自分っていったい何なんだろうね。

M

時々、自分は幸せになってはいけないのかな〜と思う瞬間がある。
今だって多くの人に比べれば十分幸せなはずなのに、
それでもこのような贅沢な考えをしてしまう自分は本当に悲しい現代っ子です。

たまに読書

別に勉強が好きとか、本を通じて色んな世界が見たかったり、色んな知識を得たかったりするわけでもないが、好きなジャンルの本ならずっと読んでいても飽きることはない気がします。
たぶん私にとって、心理学・哲学関係の本(説教じみた内容はNGね)とかミステリー系の小説がこの対象に入ると思います。
そんなこんなで、「あの時あの小説も買っとけば良かった!!」と悔しがる今日この頃でした。